シマザキ スリットステージ

マコトちゃんに日本から持って来てもらった シマザキスリットステージを試してみました。

ドライにしろニンフにしろ オレはよくCDCを使うのだけど、このCDCを無駄なく効率良く使うために今まではマジックツールを使っていた。

とてもよく出来ているシステムなんだけど、、

この道具を使うためのCDCがだいぶ限られてしまう、、フェザーが短いと良い感じのCDCでも使うことが出来ない、、


写真でもわかるようにフェザー全体がある程度長くないと使えない、、短いフェザーを台に置いてスレッドで押しこんでもフェザーが奥に入り過ぎてしまって、その微調整がなかなか難しい、、よって 短いフェザーだけが手元に残り、とっても なんとも言えない勿体ない感が、、

そこでYouTubeで知ったのが シマザキスリットステージ

オォこれならフェザーの長さを気にせずに短いフェザーでもお役目を全うしていただける!だろうと、、

実際に使ってみて、、

とても良い!さすが天才 島崎氏!

島崎氏はフライフィッシング界の天才奇才で、今我々フライフッシャーみんなが日々使っている針の設計デザイン、フロータントの常識を塗り替えた乾燥剤、新しいタイイング マテリアルの開発 などなど、日本のみならず世界的な規模のフライフィッシング界のシンクタンク とも言えると思う。

オレ個人的には島崎氏の著書 「水生昆虫アルバム」をタイイングのヒントに使うことが多く、、マァ 著書からのコピーさせて頂いたエクステンドボディのグリーンドレイクなんてこれ以上のドレイクパターンは未だかつて無いっすね。

スリットステージ、

これがマァ 実はよく考えられていて、、フォームの厚さ、柔らかさ、スリットの幅、ストリングの太さ 強度、ストリングの両端のツマミ、、

一見 だれでも考えて、作れるような仕組みなんだけど、、そこに一工夫も二工夫もあって、、その辺がオレみたいな凡人と天才の違い なんですな。

島崎氏のアイデアをきちんと商品化して、適正な価格で売り出しているティムコ社にも感謝!


写真 以前は使えなかった短いCDCを3枚重ねて、、


働きアリ改良型 (ハイブリッド と呼んでおります)に、、


ハイブリッドとは?今まではコックサドルだけ巻いていたのですがCDCと混ぜ合わせてのパターン。CDCのみのパターンも巻いて実際に使ってみたのですが、、コックサドルも巻いてある方が良い結果が出たのです、ハッキリと。アッ 現場テスターはもちろんテンカラマスターのメイ吉でございます。

これからはアイダホ州のトラウトハンターさんからのCDCを長短関係なくスッキリと使い切る事が出来るのがともかくも嬉しい!のです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です