Great American Eclipse

昨日の続きです。ロードトリップ10日目。

2017年の皆既日食はアメリカでは グレイト アメリカン エクリプス と呼ばれています。グレイト!を連発するトランプ時代らしい名前だけどちょっと恥ずかしくないか?(笑)

アイダホ州Heiseでの日食は10:15amスタート なので朝はのーんびり。犬のZen-禅と「滑走路」と昨日言われた芝生の道を散歩していたら、本当に後ろからセスナ機が飛んできたーー!

慌てて脇の草むらに走り込み、振り返ったら操縦席のにこやかな笑顔のおじさんと目が合った位の距離。超低空飛行だったので、私たちを楽しませようと近くを飛んでくれたみたい(と信じたい)この牧場のご主人なのかも? セスナってあんな身軽に自在に飛べるんですね。(携帯充電中で写真がないのが残念〜)

 

散歩をしていたら道の反対側にリフト発見。ロープ塔があって、冬は浮き輪に乗っての滑り台になっているみたいです。

 

日食グラスも準備万端。

 

Zen-禅もやるき満々(ウソ!)

散歩から帰ってきたら、周りの人が空を見ていたので私たちも上を仰ぎます。

10:15am

10:34 am


11:04 am

 

寝る〜 by Zen-禅

11:18 am

 

こうやって写真を見るとずっと集中して見てたみたいですが、、、めいちゃんは折り紙したり、ヨーグルト食べたり、行ったり来たり。特に最初の1時間はゆっくり(なのかゆっくりに見えるのか)、変化が遅いので呼びつけては無理やり見せていました(笑)

 

この芝生涼しくてサイコウ 寝る〜 by Zen-禅

夏のギラギラした日差しが秋の薄日に変わってきて、気温も少しずつ下がっているのが体感できます。周りの人もさっきまで半袖だったのに、上着を羽織り始めました。

 

さっきまでこれくらい明るかったのに、

 

11:32 am この暗さ。皆既日食1分前。

空の端がピンク色になってきました。

11:33 am

 

iphoneでは太陽は撮れなかったけど、こんなふうに見えました。隣町で撮影された映像です。

 

これはiphoneで撮影

 

アイダホは人も優しくていい田舎でした。

 

ジャクソンホールからの合流点からつながる渋滞に巻き込まれたので、この写真の右にある湖畔に避難、昼食、昼寝。キャンピングカーだとどこでも休めるのでいいです。

 

私たちは左折しましたが、ユタ州に帰るため直進した車はどこまで渋滞だったのか、、、

 

ジャクソン麓のスネークリバーも釣り人の多い川です。

 

 

ワイオミング州Pinedale近くの湖畔のキャンプ場に到着。

キャンプサイトから緑の小径を抜けると、

プライベートビーチでした!

熊注意の看板あり。

キャンプキッチンはこんな感じ。電気のあるキャンプ場では炊飯器でご飯も炊いていました。

 

夜、Zen-禅に起こされて外に出たら、まさに満天の星空。コロラドでも流星が見れるくらい夜空は綺麗ですが、この晩は別格でした。山の端まで星がびっしり、明るい星が多すぎて、北斗七星が見つけられません。そして天の川はこんなに幅広だったのか〜

Text by Ryoko

4件のコメント

  1. 久しぶりに書き込みします、うどん先生です。長い名前w より:

    報告ありがとうございます。ZENさんがどんな動きするのか気になってたんですけど、寝てたんですねw。天気は晴天、夜は満天の星。いつか行ってみたいです。

    1. 満天の星を眺められたんですが、実は「いま熊が来たらどうしよう?」って気になって集中できませんでした、、、(でも熊も夜は寝ているのかな?と後になって思う。。。)R

  2. すばらしい旅をしていますね。とてもうらやましいです。
    たくさんの写真の中には思い出の地がたくさんあり、懐かしく感じています。
    それから、皆既日食。日本にいて皆既日食を見れるなんて感激です。感動を分けてくださりありがとうございます。
    これからも事故に気をつけて旅を楽しんでくださいね。

    1. ありがとうございます。無事にコロラドに帰って来ました。日本でも2035年に本州で皆既日食があるんだそうですね。まだまだ先ですが〜 Ryoko 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です