シマザキ スリットステージ

マコトちゃんに日本から持って来てもらった シマザキスリットステージを試してみました。

ドライにしろニンフにしろ オレはよくCDCを使うのだけど、このCDCを無駄なく効率良く使うために今まではマジックツールを使っていた。

マジックツール とてもよく出来ているシステムなんだけど、、

この道具を使うためのCDCがだいぶ限られてしまう、、フェザーが短いと良い感じのCDCでも使うことが出来ない、、


写真でもわかるようにフェザー全体がある程度長くないと使えない、、短いフェザーを台に置いてスレッドで押しこんでもフェザーが奥に入り過ぎてしまって、その微調整がなかなか難しい、、よって 短いフェザーだけが手元に残り、とっても なんとも言えない勿体ない感が、、

そこでYouTubeで知ったのがシマザキスリットステージ

オォこれならフェザーの長さを気にせずに短いフェザーでもお役目を全うしていただける!だろうと、、

実際に使ってみて、、

とても良い!さすが天才 島崎氏!

島崎氏はフライフィッシング界の天才奇才で、今我々フライフッシャーみんなが日々使っている針の設計デザイン、フロータントの常識を塗り替えた乾燥剤、新しいタイイング マテリアルの開発 などなど、日本のみならず世界的な規模のフライフィッシング界のシンクタンク とも言えると思う。

オレ個人的には島崎氏の著書 「水生昆虫アルバム」をタイイングのヒントに使うことが多く、、マァ 著書からのコピーさせて頂いたエクステンドボディのグリーンドレイクなんてこれ以上のドレイクパターンは未だかつて無いっすね。

スリットステージ、

これが実はよく考えられていて、、フォームの厚さ、柔らかさ、スリットの幅、ストリングの太さ 強度、ストリングの両端のツマミ、、

一見 だれでも考えて、作れるような仕組みなんだけど、、そこに一工夫も二工夫もあって、、その辺がオレみたいな凡人と天才の違い なんですな。

島崎氏のアイデアをきちんと商品化して、適正な価格で売り出しているティムコ社にも感謝!


写真 以前は使えなかった短いCDCを3枚重ねて、、


働きアリ改良型 (ハイブリッド と呼んでおります)に、、


ハイブリッドとは?今まではコックサドルだけ巻いていたのですがCDCと混ぜ合わせてのパターン。CDCのみのパターンも巻いて実際に使ってみたのですが、、コックサドルも巻いてある方が良い結果が出たのです、ハッキリと。アッ 現場テスターはもちろんテンカラマスターのメイ吉でございます。

これからはアイダホ州のトラウトハンターさんからのCDCを長短関係なくスッキリと使い切る事が出来るのがともかくも嬉しい!のです。

エイリアン UV Pure Midge-Black

フライを巻いている動画です。

今回は「エイリアン」

とオレが勝手に名前付けしていますが、なんてことないカットスロート アングラーズにいる若いスタッフの一人に教えてもらったミッジパターン。

キモはストレッチチュービング Stretch Tubing、、

このマテリアルは巻くだけで、水中でのキラメキ、ボディのセグメント(デコボコ)が簡単に表現できる、素晴らしいマテリアル。

18番の忍者(これも後にビデオアップしますね)をつつきにくるだけでお口に入れてくれないスレたおサカナがいるときに、、忍者の後ろ30cmにこのエイリアンを付けると、、

一発で頬張ってくれる〜!

興味深いのは、、

20番が一番釣れる、という事実。なんでだろう?18番とか22番、24番といろいろとこの2シーズン流して見たけど、、

一番反応が良いのが20番。

オレのグッドフライの定義でもある、簡単に巻けて、かつ 良く釣れる!をクリアしているフライの一つです。

ところで日本でもこのUV Clear Fly Finish って買えるのでしょうか?

トアー(Thor)君が巻いている動画です。Thank you Thor!!

バナナマン タイイング

バナナマン 実際にオレが巻いている動画です。

こういうタイイングのビデオは前から撮ってみたい〜!と思っていたけど、なかなか機会が無くて、、

よし!動画を撮るぞ!と思ってゴソゴソ 引き出しを開け閉めしてたら、、

なんてことない、今 家の中にあるビデオカメラやスタンドやなんだかんだが出てくる、出てくる、、アッと言う間にセッテイング完了〜!

これからも機会を見て、こんなタイイングのビデオを紹介していきたい、と思っております。ご興味があれば、、是非。笑。

(オレの古いブログでもバナナマンを紹介しています

追記:この方法でも綺麗にCDCを取り付けられます。どちらか?というとこちらの方が無駄なくCDCを使えるかな?お好みでどうぞ。