ダッジラム Dodge Ram 2500 オイル交換

カミンズのディーゼルエンジンを積んでいる ダッジラム2500 2014年モデルのオイル交換。

乗っていて 何一つ不満のところが無い、大好きなトラックなのですが、、一つだけイヤなところがあって、、

それはオイルフィルターの場所が変な、アクセスが悪いところにある事。オイルフィルターはタイヤの上から手を伸ばして届くところにあるし、しっかりと見えてもいるのですが、片手を入れるだけで精一杯の狭いスペースで両手を入れてそこで交換作業などムリムリ。

ましてはオイルフィルターが細長く、その狭いスペースにフィルターを入れるときには横にしなければならない、、でもオイルフィルター、取り外す時にはフィルター内にドス黒く汚れたオイルがパンパンに入っているので横にすると黒いオイルがドバ〜ッと、、

この対策として世の人たちはビニール袋で包んでからフィルターを横にしたり、流れ出たオイルを樋(とい)で誘導したり、フィルター内にたまっているオイルをポンプで吸い上げたり、、と。

オレも最初はビニール袋作戦だったのですが、何かこれより良い方法はないか?とググると?

ジーノズガレージ Geno’s Garage が出しているオイルフィルター交換作業専用のスクリューキャップが!

なるほどこのキャップをフィルターにネジネジすればフィルターを横にしてもオイルが漏れる事無くなる!訳で。

幸いダッジラムにはオイルフィルターの真下にフィルターを立てかける事の出来るスペースがあり外したフィルターは一旦そこで立ってもらっている間におもむろにキャップをはめ込んでいく、、

ほぼいっぱいまで新しいオイルをあらかじめ飲ました新しいオイルフィルターにもキャップをすれば横にしてもオイルが流れ出すこと無く、取り付け場所の真下まで持っていってそこでキャップを外して取り付ける。

ウ〜ン このキャップを作った人 えらい! とてもシンプルなツールだけど効果はスゴい、、

こんなツールを考案して、商品化して、ちゃんと売っている、事がアメリカのトラック文化 ナンだよな〜、、と感心させられてしまうのです。

ってか? カミンズのディーゼルエンジンを載せたダッジラムのオイル交換なんてやる人 日本にいるのかな? 笑

タイヤ越しに片手を伸ばしてやっと届く距離にあるオイルフィルター。良子ちゃんは届きません、、

狭い、、あくまでも狭い、

オイルフィルター でかし、、

今日の燃料フィルター交換 と、エアフィルター交換 Dodge Ram 2500 ダッジラム

2014年ラム2500の燃料フィルター交換。ディーゼルエンジンにとってきれいな燃料はとても大切な事。オイル交換と違って真っ黒のオイルを扱わないから楽勝!と思いきや 思いきりアタマからディーゼル燃料をかぶってしまいました 笑 でもこれでこれから16,000キロはカミンズディーゼルもきれいな燃料をたくさん飲んでくれる と思うと嬉しく思うのです。ちなみに写真右側のフィルターは16,000キロ使用後 のものです。

翌朝 エアフィルターも交換。

交換して16,000キロでこの状態、、

ドロドロ、、

ちょっと汚れすぎ?だと思う。でも砂利道を走ることが多いのでやっぱりこんなもんかな?


分かりにくいけど、、ネズミも一匹入っていた、、ラムの吸気システムはインレットは自動的に開閉するけど、アウトレットはただ下に空いているだけだから そこから這入り込んだネズミだと思うけど、、笑

エアフィルターボックスもキレイに拭きあげて新しいフィルターを入れました。

晴れ22℃
Source: blogger-vaildaily

キャビンエアフィルター装着 Dodge Ram 2500

ダッジラム2500 いろいろとお勉強していくと、、

なんとこのトラックにはキャビンエアフィルターが無い〜!と驚愕の事実が発覚。

オイオイ 新車で買ったら楽に750万円はするンだぜ このトラック。それなのにキャビンエアフィルターひとつも装備されていない、、とは??

とてもアメリカン、、ですな。適当過ぎ!って言うか顧客をなめているのか?!

そんで見つけたのがGeno’s Garage というディーゼルのラムトラックのパーツ専門店で売っているエアフィルターのキット。

とても届きにくい所にカッターナイフやカナノコでガジガジとフィルターを入れる穴を開けて、、フィルターを押し入れて、、パチッとカバーをすれば次回16,000キロ後のフィルター交換が楽に出来まっせ と。

カラダの小さいオレでも作業が大変なロケーションなのに、、馬鹿でかいアメリカ人なんてこんなところに手が入らないぞ!

狭いスペースに苦労して穴を開けるんだが、よく見ると ここに穴を開けるんだよ〜 とその場所がしっかりと既にある。それだけ穴の場所を特定しているなら組立工場で最初からキャビンエアフィルターを付けてくれれば良いのに、、ネェ ホントにもう〜!とムカつきながらの作業も無事に終わってみたら アァこれからは炭フィルターを通してのきれいな外気が室内に入ってくるんだな、、とグフフ感がたまらない のです。

やった作業はこんな感じです。でも最初からキャビンエアフィルターくらいは付けてから売ってくれよな〜 クライスラー!

リアディフレンシャス オイル交換

2014年ダッジラム2500のリアディフレンシャスのオイル交換。

4リットルものオイルを飲み込んだ、、

そしてテストドライブ、、

ドライブシャフトからのパワーが以前よりスムーズに後輪に伝わっている〜!ような気がして、、

新しいギアオイルが歯車に馴染んでいく様子を想像して運転しているときにオシリがムズムズと  笑

自分でメンテナンスをするとそんな楽しみも味わえて、、明日はフロントのディフレンシャスだな。

ご興味のある方はこのビデオをどうぞ、車種が違うけど基本的にやったのはこれっス。

2014 ダッジラム2500 燃料フィルターとエアフィルター交換


ベイルから帰ってきて午後 時間があったのでダッジラムの燃料フィルターとエアフィルターを交換しました。前回交換から7,700マイル 12,000キロ 経っていましたな。

ダッジラムの燃料フィルターは二つあって、、二度手間なのですが構造的にはとてもシンプルなので一時間くらいで作業完了。

前回交換したときにはフィルターもそれを入れてあるケースも工場でギシギシに止めてあって外すのが大変でしたが今回はとてもスムーズに。

3月も終わりになって日が高くなって、スキーから帰ってきてクルマいじりが出来るのは嬉しい!ですね。

ご興味(と時間)がある人はこのYoutubeをどうぞ。オレがやった工程がよくわかります。

これは何でしょう?シリーズ4?

ダッジラム2500のスクリーンに現れたこの絵?

さてこれはナンでしょう?シリーズ4? もうこのパターンでいくつやったか?忘れた、、


はい、キャビンの後ろに付いた小さなカメラからの画像、でした。

チューンナップ用のテーブル5台、酸素吸入機3台、ポール40本、タープにホウキにチリトリ、ドリル4台、炊飯器3台、、

全部で何キロ位になるんでしょうね?200キロくらい?分からん、、が

それを荷台に載せて時速120キロでカッパーマウンテンに走る。

風で荷物がフッ飛んでいく、と言うことは無いと思うけど、、でもちょっと不安、、

と言う時にボタン一つで荷台の様子が視認出来るのは安心、なのですな。


それにしても、、

荷台に200キロくらいモノを載せると、乗り心地が一気に良くなるのがダッジラム2500の特徴、

と言うのが良く分かる、秋のトレーニングシーズン なのです。

神 オプション ダッジラム2500

朝5時30分 気温マイナス5℃ まだ真っ暗、、

そんな時にとってもありがたいのはこのオプション。

リモートスタート。

暖かい家の中からボタンを二回 ピッピッ と押すだけ、ボワ〜ン と6.7リットルのカミンズ ディーゼルエンジンが回るのが聞こえる。

コーヒーを飲み干しているあいだに暖機運転。

後、このオプションも助かる。

ヒーター付きのハンドル 笑

リモートスタート時に外気温計に合わせてシートやハンドルも温めておいてくれる。熱い夏にはシートを冷やしておいてもくれる、、なかなか 出来た相棒なのです。


スターウォーズ好きなあなたなら分かって頂ける、リモートスタートのコマーシャル、微笑んで下さいませ。

クルマ 傷修復

クルマ磨き、

上手くいくときもあれば、

イマイチ、、というときもある。

今日は会心の出来。

傷の深さと種類、コンパウンドとパッドタイプ、

が全てスムーズにかみあうと、気持ち良い結果が。

これで安心してコロラドの厳しい冬を迎えられる。

黒は難しい

トラックの傷 補修中。

ケミカルガイズ V32 オレンジパッド、

V36 グリーンパッド、

ブラックライトをグレイズとして、

ジェットシールをシーラントとして、

バターワックスをワックスとして、

洗車とクレイ掛けを入れると計7工程。

黒は難しい 、、けど上手く施行すると結果がヤバイ。

それにしてもこの3日間で12時間はこんなことやっている自分も、、ヤバイ と思う。


今日はこの辺で勘弁してやるか、、笑