ベイル朝イチパウダー

ベイルらしい青空と新雪をYさん(75才)Hさん(67才)父娘と一緒に満喫しました。

やっぱりチャイナボウル最強。

うちの娘(9才)も連れて行ったので、年の差66才だけど世代を超えてたのしい雪遊び。

雪降りの後、気温も下がって極上シャンパンパウダー♪

 

数字(降雪量)では40年間の観測史上最少の雪不足シーズンのコロラドですが、1月末からコンスタントに雪が降っていて遅れを取り戻していますよ〜

こんないい日もあるので体感では雪が少なかったことを忘れてしまう、、スキーヤーって単純だから〜(笑)

 

ちなみに降雪量の記録はここで見られます。

https://www.onthesnow.com/colorado/vail/historical-snowfall.html?&y=2017

 

 

 

 

スキーは旅である

(2016年2月八方尾根にて)

Women’s Health(日本版)に星野リゾートの星野さんのインタビューが載っています。

 

「スキーというスポーツは旅なのです。スキーというスポーツを通して旅をすることに楽しみがあるのです」

スキーの魅力について尋ねた第一声はそんな言葉。

 

まさにその通り!

どんなコンディションでも、たとえ雨に降られても(笑)、家族で行った北海道、長野、そしてウィスラーは楽しかったなぁ〜 とこの記事を読んで思い出しました。

コロラドにお越しになるゲスト様をお迎えするのが仕事なので、なかなか北半球のハイシーズンにスキー旅行には行けなかったのですが、アメリカで日本スキー熱が高まる中、今年こそ!と半ば無理やり強行した日本スキー旅行は2年前。

そう、2年前といえば日本は雪不足。今年、豊雪の日本から投稿されているパウダーの写真を見るたびに、「そんなの見てないよ〜」と言いたくなるほどの雪不足シーズン。

野沢のパウダーも白馬の新雪も滑れなかったれど、今この旅を振り返ると「あ〜楽しかったなぁ、また行きたいな」と思うばかりで、「行かなきゃよかった」とはこれっぽっちも思わない。

去年のウィスラーも娘の春休みに合わせて4月に行ったので、ビレッジでは毎日大雨に降られましたが、やっぱり思うのは「楽しかった〜」「初めてのゲレンデって新鮮!」そして「またスキー旅行にいきたいなぁ」。

 

旅行をすると普段の生活以上に家族が一緒にいられるんですよね。

家にいると家事や仕事に追われたり、スマホみてばっかりだったりして案外家族の時間って希薄になってしまうもの。

でも旅行に行くとお互いの顔を見る時間が格段に増える。

さらにスキーという一緒にするアクティビティがあるのでその濃さは増し増し。爽快感、アドレナリン、はたまたコースを間違えて大変な目にあったとしても、同じ雪の上を同じ時に共に分かち合い感じる楽しさ。

観光旅行や受け身型のディズニーランド旅行ではこの体験の共有感はないんじゃないかな。

 

だからスキーはやめられない!星野さんが教えるグルメスキーのすすめ

世界のスキーリゾートを知る星野さんが太鼓判、今行くべきスキー場は?

 

まずは身近なスキー場から、一緒に過ごしたいあの人とスキー旅行に行きませんか?

 

text by Ryoko