ドラゴンワークス&朱莉レーシング GSトレーニング 2017年11月21日

武田竜コーチのドラゴンワークス と 大場朱莉コーチの朱莉レーシング、アメリカはコロラド州カッパーマウンテンでのGS ジャイアントスラロームの最終トレーニングの動画です。

このビデオを撮った11月21日が最後の雪らしい雪が降ったコロラド、、、
編集して動画アップした今日、12月14日にやっとその後雪が降ってくれたので、、
それこそ三週間くらい全然雪降らず、、で。。

コーチお二人となかなか一緒にいることが出来なかったので、途中から各選手の名前がビデオで紹介されていませんが、、、自分の滑りとチームメイト、お子さんの滑りは見てすぐにわかりますよね 笑。

選手のみんな、このカッパーマウンテンでのトレーニングを糧にして、これからもシーズンを自分の納得の行く素晴らしいものにしてください!

ドラゴンワークス&あかりレーシング スラロームトレーニング in カッパーマウンテン コロラド USA 2017-11-19

お待たせしました〜!

2017年11月19日にコロラド カッパーマウンテンで撮影した、ドラゴンワークス&あかりレーシングのスラロームトレーニングの様子です。

選手のみなさんはご自身の滑りをよりよくするために研究していただき、
ご父兄の皆様にはお子さんの頑張っている姿を見ていただけると嬉しいです。

武田竜コーチのドラゴンワークスのインフォメーションはこちら

大場朱莉コーチのインフォメーションはこちら

 

ベイル 3番 4番リフト オープン

今日12月13日 ベイルの3番と4番リフトもオープン。これでフロントサイドの山頂から山麓まで滑れるようになりました。でもビデオで見るように雪 少なし、、よくこのちょっとの雪でコース開けたな〜と感心。今晩と土曜日に雪の予報が出ているのでそれに期待!

曇り マイナス2〜8℃

アエラ連載中 竹内智香選手のコラム

アエラに連載中の竹内智香選手のコラム。

https://dot.asahi.com/aera/2017120800023.html?page=1

竹内選手が言うように10月からのカッパーマウンテンでの秋のトレーニングは、雪、天候に恵まれた最高な環境でした。

トレーニングに最適な環境とは?

雪が降らない事、強風でリフトが止まらない事、気温が上がらずバーンが硬くしまっていること、気温がマイナス15℃以下に下がらずに選手の身体が冷えきらない事、スケジュール通りにトレーニングをこなせる事、雪上トレーニングのみならず屋内ジムも徒歩圏内に完備している事、宿泊先での食事ではなく栄養を考えた食事を自炊出来る事、宿泊先からスキー場までの移動時間が短い 今回は徒歩5分 事、怪我や病気時に駆けこめる病院 カッパーマウンテン診療所はスキー場から徒歩5分がある事、スキー場とそのレース部や地元チームと連絡が取れる事、選手とコーチを様々な面でサポートする地元コミュニティに溶けこんだ人がいる事、、

これだと思う、のです。

カッパーマウンテンを中心にベイル、ブリッケンリッジ、キーストーン、ラブランドでのトレーニングを日本からのチームのためにコーディネートしてもう30年、、

皆さんのお手伝いをさせて頂いて、私たち夫婦もとっても素晴らしい経験をさせてもらっています。

何よりも毎日毎日頑張っている若い選手を横で見ているだけで元気がもらえる、、みんなひたむきで、オーラが出ていて、、一つのことに真剣に向き合える のは本当に幸せな事、と思います。

我々も9歳児がいる家庭です。家庭を持ってみると異国に大切な子供を送り出す事にどれだけ勇気とお金がかかるか?が身に染みて理解出来ます。そんな親御さんの気持ちと選手の頑張りに応えられるように来年の秋のトレーニングの準備にこれから取り掛かります。

NYSNO-10 ニスノ by SONY アメリカデビュー!

世界のソニーが世界のウインタースポーツ愛好家に自信を持ってお送りする 画期的なプロダクト NYSNO ニスノ コロラドベイルにて雪上デビュー!なのです。 開発責任者の尾原氏 良子ちゃん オレの3人で実際試してみましたが、、 一言で言って? すんげぇ 楽しい! 滑りながら仲間とくだらない事をごちゃごちゃ言っている だけでこんなにスキーって楽しくなるんだ、、 と改めて雪の上であそぶ事の楽しさをバァ〜ンと パイを顔に投げつけられたような衝撃、、 このガジェット一つでまたまた楽しいシーズンがさらに楽しくなる予感です。

A post shared by スキーアメリカ (@goskiamerica) on

もちろん今シーズンからオレと良子ちゃんは毎日ニスノを付けてベイルを滑ります。

ので、日本からニスノを持ってきてくれた方はベイルのバックボールをオンタイムでコミュニケーションを取りながらご案内!出来ます!

こんなゲスト様にとっても、ガイドにとっても、素晴らしいアイテムはありませんな、、

造ってくれた尾原氏、プロジェクトをサポートしているソニー、な感謝!なのです。

商品の詳細はこちら